スーツの男性

翻訳会社の相場


これから翻訳会社に翻訳を依頼しようとしている方で相場がどれくらいか知らなくて困っている方はいらっしゃいませんか?翻訳会社の相場を理解してから依頼をしなければ、相場よりも高い料金で依頼する事になってしまい、損をしてしまう場合もありますよね。そこで今回は翻訳会社の相場について書いていきたいと思います。
まず、翻訳会社に依頼する場合に考えられるケースとして、英語を日本語に翻訳するパターンと日本語を英語に翻訳するパターンがあると思いますが、この2つは料金相場が違います。ではどのように違うのかというと、英語から日本語に翻訳する場合は、400字の原稿用紙1枚につき1500円から2300円くらいが相場で、1ワードあたり10円から15円程度で翻訳することができます。
そして、日本語から英語に翻訳する場合は、英語から日本語に翻訳する場合よりも少し料金相場が高くなっており、200ワードあたり2500円から3800円程度が相場になっています。
このように、翻訳にはその依頼内容によって料金相場が変わってきますので、依頼をする場合はそれぞれの相場を確認し、相場よりもかなり高額な料金を取られていないかをしっかりと確認するようにしましょう。

翻訳会社の料金計算方法

皆さんは、翻訳会社がどのようにして料金の計算をしているのかご存知でしょうか?翻訳会社のような著述業界には決まった料金計算方法が存在しており、その計算方法を利用して私たちへの料金が計算されているのです。そこで今回は、翻訳会社の料金計算方法について書いていきたいと思います。
先ほども書きましたが、翻訳会社の計算方法は著述業界で多く使われている出来高制という方法を使って計算されています。出来高制というのは、原稿用紙の枚数に単価をかけた料金の事で、翻訳業界では400字の原稿用紙に日本語訳したものを記述し、その枚数で料金が決まるのです。
しかし、この出来高制には実際に翻訳が完了するまで、どの程度の料金になるか分からないという点や、翻訳する人の技術によって翻訳の文字数が変わってくるため、翻訳料金にも差が生まれてしまい、正確ではないなどの問題点も存在します。そのため、最近よく使われるようになった方法に原語カウント制というものがあります。
原語カウント制というのは、翻訳する原語によって正確に料金を決めていく方法のことで、英文和訳の場合は、英語の単語数に単価をかけた料金で計算をしていくという形になっています。

翻訳会社の現状

皆さんは、翻訳会社と聞いたらどのような会社をイメージしますか?翻訳会社といえば、外国語に詳しい人が常駐して様々なものを辞書やパソコンを駆使して翻訳しているとイメージがある方もいらっしゃるかと思います。しかし、実際はそのような翻訳会社はほとんど無いのが現状です。では翻訳会社はどのようにして翻訳しているのでしょうか?
現在ある翻訳会社のほとんどが、フリーランスの翻訳者に下請けを依頼することによって翻訳しており、翻訳会社自体はほとんど翻訳することはありません。そのためこのフリーランスの翻訳者の質を上げていく事が翻訳業界の質を上げていく事につながっているのです。
しかし、フリーランスの翻訳者は昔のように一から学び、資格を獲得してから翻訳者になるという方は少なく、インターネットが普及してきた現代においては、翻訳会社のトライアルを受けることで資格を持っていない方でもすぐに翻訳者になることが出来るようになったのです。そのため、翻訳者の質の低下が問題になってきており、多くの翻訳会社がフリーランスの翻訳者に依頼する時に厳選するようになってきているという傾向があるのです。
なので皆さんも、翻訳会社を探す時はきちんと厳選している翻訳会社に依頼することをおすすめします。

information

握手

初めての翻訳依頼

働いていて翻訳が必要になった場面がある方は少なくないと思います。初めて依頼する時にどこに依頼す…

more read

眼鏡をかけた男性

翻訳会社へ依頼する

多くの書物が世の中に流通されており、欠かせない存在となっています。日常生活無いでは娯楽や生活に…

more read

赤いネクタイ

翻訳会社を選ぶ時の2つの注意点

みなさんが、翻訳会社を選ぶ際に注意すべき点が2点あります。【①依頼する内容が翻訳会社の…

more read

会議

翻訳会社の特性を理解して上手に利用する

ビジネスの場面は国際化が進んでおり、いまや中小企業でも海外との取引を盛んに行っているのが常識に…

more read